お金に困ったら読むブログ

みんなが「ホントの仕事」に従事すれば、日本は良くなるし、世界にもいいことあるよ、たぶん。



新型コロナ、汝の名は死神か神か

新型コロナの社会的特徴は、持論では以下4つ

 

①これまでの人間行動に反省を強いる点

 

日常生活のあらゆる面で3つの否定(行動、会話、倫理*)を強いられる。
許されるのは思索のみ(*倫理に関しては後述する)


自分さえよければ、わが県だけ、自国だけでも感染を抑えられれば、という考えは否定される。これは4月も中旬に差し掛かり自粛の嵐となった昨今ではみんなが身に染みてることだろう。少なくとも特効薬やワクチンが出るまでの間は。誰もが内なる公共心に規範を求める。したがって人間の基調が大きく変わらざるを得ない。すなわち、近代以降に人類が獲得した自己存在論から、人間関係論に変化できるかどうかが問われている。

 

要は我が身のことだけ考えてると、我が身をも滅ぼすことになるのだ。

 

総じて、近代世界が獲得してきた物質的便利さを、このままではいったん放棄しなければならないところにまで行きつくだろう。

 

AIやIoTの発展、あるいはグーグルやトヨタ自動車が昨今取り組んでると話題の「モビリティ都市」が、コロナ禍のもたらす物質文明の質的変化の中でどういう役割を果たしていくのか、筆者にはまだ見えていない。

 

②レベルの違う衛生観念を強要される

 

今後はマスクどころではなく、フェイスガード、そしてハンドガード(手袋だけでなくじまで覆うもの)も品薄になるのではないか。

 

投機目的の買い占めはなら次はこのあたりですぜ旦那。

 

他人との共有物の忌避(貨幣紙幣、飯屋での食器や塗り箸、公衆浴場、ショッピングセンターのトイレ)傾向から、だれが触れたものかわからないものへの接触を、とりあえず躊躇するようになるだろう。マスクがなければ口頭での会話はしない、もしするなら、背中を向けた同士の会話もしくは電話を媒介とした会話(直接会ってるのに)の指向が来るのではないか。
ひざを突き合わせて話し、同じ釜の飯をつつくのが、人との付き合い方の王道、という良識は通用しなくなる。

 

さらに今後は医療用全身ガウンの一般普及→ヒューマンスーツの出現、もしくは車から出ないで買い物したり映画見たり(スマホで車内から)会話するようになるだろう。


他者不潔への恐怖から、異性も警戒対象となり、濃厚接触の最たるものといえる性的交渉も、もちろん減少し、ひいては出生率の世界的減少をみるだろう。

 

以上のように①(博愛)と②(孤立)が矛盾する。
なので、①に述べた3つの否定には倫理を加えている。
要するに人と会うとき、こいつはコロナホルダーではないかと、互いに疑心を腹に抱えながら向かい合うことになる。


テレビ番組なんかも、いまかろうじて放映している過去の収録ストックが尽きたら、もうひな段芸人とか、街ブラや世界訪問といった牧歌的なロケなんか成立しない。テレビ局も制作会社もテレワーク、芸能人は自宅収録になってきてる。今後テレビはアニメと再放送ばかりになるのではないか。

そしてそれを見るコロナ以後の僕らは、コロナ以前のコンテンツの呑気さに、唖然とするのだろう。携帯が普及する前の人間ドラマを観てるかのように。

 

③貨幣経済や資本主義の崩壊

買い物で貨幣や紙幣をさわると、かすかに怖さを感じるようになった。
コロナウィルスが付着しているかもしれないからだ。

 

多くの人が忘れているが、もともとカネとは仲介手段にすぎずそれ自体に絶対的な価値はない。簡単に言えばマボロシにすぎない。
貨幣からそこらへんのポイントカード、手形小切手から電子マネー系まで、すべてが幻想である。元が幻想だから、時代の変化に沿って何にでも変容してきたのである。

 

その幻想に気づかずに、カネ自体に価値を認めそれを疑いもせず、のんきに消費活動をおこなってこれた。その幻想の基礎を、コロナは乱暴に揺さぶっていく。

 

人が移動しなければ集まりもなく、そうなれば市(いち)が立たない。
実店舗がつぶれネット通販が伸びても、今度は配達員が感染を運んでくるかも知れないし、届いた商品にも(清潔そうに見えても)コロナが付着していないとは限らない。クレジットカードだって自分専用ではありながら、店員に渡したりする。ネット決済くらいだ、最初から最後までゼニに非接触で取引ができるのは。しかしそれとて前記したように物理的清潔を保証するものではない。つまりゼニというマボロシを介してリアル物質を手にしても、それすら疑いの対象となる。

 

そう考えると今まで無邪気に行ってきた買い物の意味も、おそらく歴史上はじめて形而上学的に変化せざるを得ない。これが世界中で起こっている。

 

このような日常レベルから貨幣経済や資本主義の崩壊が予見されるのである。健康あっての経済だし、そもそもリーマンショック以降の世界的な金融危機の中で、ゼロ金利→マイナス金利など、いわばラストのカードを切って様子を見ていた世界金融界は、おのれの本質が仲介業に過ぎないことに果たして気づくだろう。これは保険屋や株屋など、広義の金融業も同様であるし、上記したテレビ屋のコンテンツ不成立と質的に同じである。

 

繁華街は飲み屋に意味があるのであって、呼び込み屋にはさしたる意味はないのである。

 

④ある意味、神レベルに人間の平等を実現させている

これについては考えがまとまってないので、そのうち書くこととする。

 

筆者はいま、有史以来の基本ワーク、農業従事者相手に肥料の商いをさせてもらってるが、農家は強いはずだ。なにしろ前回の戦争の時だって持ちこたえた。でも今後はさすがにどうかな。
世界規模の中での自分を考えざるを得ない、おおきな円環の中であってこその野菜生産だからな。

 

9年前の3.11の後、この国を襲った放射能への恐怖は、目に見えない恐怖、越境する被害など、今回のコロナ禍と共通点が多く、予行演習だったのかもと思えるほどである。
が、その時と今回との違いは、安全圏が世界中どこにもない、という絶望である。

 

以上の行程は、過去に述べた私論(このブログ)では人間を真に開放する変化であるが、さすがに現在はこの変化が急激に過ぎるのと、コロナのような外部恐怖、いわば黒船の威圧によっての変化ではなく、人がみずからの意識改訂によって変わらなければホントの脱皮じゃない、という考えから、悲観のトーンで書いている。

 

あとから振り返って、上記した内容が杞憂にすぎなかったと笑える日が来ることを願う。だけど日常が戻ったとしても、コロナ以前の風景とは確実に違っているはずだ。もう一線は踏み越えてしまって後戻りはできないんだ。

 

<了>

操られ人形なんだから、人形らしくしとけ。

news.yahoo.co.jp

 

政治とは、キャラでおこなうものに非ず、と。

 

会社員や官僚の世界と同じで、政(まつりごと)も、システムとして全体性の中で推進されていくもので、個人はそれをチームとして補完するための歯車にすぎない。そのプレーヤーが病欠や退職しても、彼彼女の役割は相互担保され、全体は影響なく回り続ける、回り続けなくてはならない。

 

ところが政党政治においては役割ではなくまず人事、役職を決める。役職が固定されればそこには階級が生れる。階級が出来れば今度はスターや象徴的な「顔」が求められる。かくして「政治」(というか政治業界)におけるキャラ希求の傾向はどんどん濃くなっていく。キャラが重視されれば立場に酔いやすくなる奴も出てきて、失言やスキャンダルの素地がここに発生する。

 

まぁ人と人とのつながりの話だから、上記したような単純路線だけではないが、政治機構はどの国も、党の集団性と、政治家個人の属性という、相克する2項バランスの上にある。つまり多様化しすぎた現代においては、最初っからムリな構造を持っている。「顔」役なら公明党のナントか代表みたくおとなしくお飾りになってればいいのに、担がれていい気になって発言するから勘違いが起きる。

 

もう限界だろ?政党政治ってのは。だのにそこはスルーして、見て見ないフリをしてる。

 

今の制度では相変わらず政治は数だから、たったひとりの属人性のほうの選択肢はない。だからもう一方では、親分の理不尽な命令に従わざるを得ない、ヤクザの鉄砲玉の悲喜劇みたいなのが、あちこちで起きる(これは会社でもそうだな)。

 

したがって政治家(閣僚のみならず、たとえそれが総理大臣や大統領であっても)個人の性格やものの考え方、党内人事を探ったりすることが、たとえば政界ジャーナリズムではない。それはたんなるコバンザメ行為で、芸能人のスクープ報道とおんなじようなもんだ。それにどうせ表に出る政治家なんてボンクラども(いまの制度に安穏と乗ってるのはぜんぶボンクラ)に決まってる。安倍でも反安倍でも、反トランプでもおんなじ。属人性キャラ性を打ち出しているかぎり対抗勢力もふくめて、ぜんぶが一様にダサく、旧い。

 

キャラ、キャラクターに依存しない。いいかえればそれは属人性からの脱皮、みずからをたんなる機関とみなすこと、そして全体性への奉仕。ご承知の通りシビアな民間ならとっくにその「脱皮」は実装済みである。それはブラック企業が言う「お前の替わりなんかいくらでもいるんだぞ」という「真実」が、極端ながらにも物語っている。

 

政治家個人から尊厳を剥奪して、いっこの記号となれ歯車に落とし込め。閣僚人事なんか玉突き順列入れ替え程度のものにしてしまえ。個人の発言なんかは公の場では封じ込め、失言なんか発生しようもない構造に変えてしまえ。それを政治家自身が決めてみずからをそう律せよ。そうしてから初めて、公共事業としての政治の本番が始動する。やがては政党や国会、内閣といった「囲い」は意味をなさなくなるだろう。これからの世の中のテーマは「滅私奉公ver2.0」、これですよ。

 

閣僚ちゃんたちよ、いつまで失言とかスキャンダルを国民に聞かせるつもりなんだ?個人的な正義感や価値観を勘違いして、発言や行動なんかしないでくれよな!全員まとめて、現状はどうせワシントンとかの操り人形なんだから。

 

<了>

インフルエンサーとAV女優

www.haradesugidiary.com

「インフルエンサー」ってAV女優とか風俗嬢みたいなもんで、本来長くやる稼業じゃないでしょ。

 

これがコンセンサスだと思ってたんだけどな。

 

つか、正確に言うと長く「やれない」。いやもとい、長く続けられちゃうけど、誰にも見向きされなくなるってのが正確か。

 

発言ごと、記事ごとに新味が出せる優秀な人ってのは、はじめに独力でなにかを発見したり、達成した人でないと。それに対して剽窃とか浅い共感力で渡り歩いてきた輩は、10年たっても同じことしか言えない。

 

だから「インフルエンサー」は長続きしない。

 

いや冒頭に書いた、AV女優や風俗嬢の方が、昨今はむしろ長持ちするわな。それもはるかに。

 

これは永続性の話だけでもなくて、女優や嬢の方がハダカを開示するだけの根性があるし、職業がら、相手と歩調をあわせた、柔軟なコミュニケーションが求められるし。これは下手な「インフルエンサー」よりよっぽど高度でマトモじゃないかな。少なくとも、オトコにとってその存在には、大きな「意味」があるしね。

 

<了>

 

イベントとは、ジャマなクソアプリみたいなもの。スマホの初期設定に織り込まれ済みで、アンインストールの選択肢がない。

「ハロウィーンはここ10年くらいで、完全に日本に定着した」

 

このような浅薄な定型文をこのまえ見かけたけど、まったく違うよ。正しくは定着「させられた」だ。その2つの意味するところは、ぜんぜん異なる。

 

秋はイベント(つか、バレンタインデーみたいな大消費喚起契機)が少ないと考えた誰かが、たまたまその時期のアメリカで行われる伝統行事を引っ張ってきて、さらに経済効果を上げるため、オリジナルにあるつつましい精神なんかを蹂躙し、物欲をソソるような仕掛けを注入し、成人式的バカ騒ぎの契機に仕立てて並行輸入した、と。ハロウィーンはこういう経過を経て、日本に、そして渋谷にやってきた(たぶん)

 

そして鳴り物入りの目新しさに考えなしで飛びつくような層が、寄ってたかってイベントにくっつき回る、その繰り返しで年毎に定着「させられた」。「人気が出るとは、バカに見つかること」(だったかな?)という有吉の名言を思い出す。

 

ハロウィンのプランナー本人は当初、アイディアマンとしてイベントプロデューサーとして、手腕は高く評価されただろう。ウン億円の経済効果をもたらした・・・とか、新たな文化を創ったとか云々。でも私的な評価では、日本における空っぽ精神の蔓延にまたひとつ、貢献してくれたってことになる。

 

ハロウィンの日本定着は、たしかに見た目にはアイディアの勝利であり、高度なマーケットプロデュースであるだろう。でもそれは人々の要望から出たのではなく、経済的要請から出たものだ。その中には個性も想いも、なーんも入ってない。あるのはおためごかしの娯楽と、誰のほうにも向いてない「仕事こなした感」だけ。そんなのはすべてがおしきせの、官製の、「~させられている」式になるに決まってる。それも可視化できないタイプのそれであって、人にとって大変にやっかいなシロモノだ。まるでスマホの初期設定に織り込まれ済みで、アンインストールや設定変更の選択肢がない、邪魔で仕方がないアプリのようなもの。ユーザーより企業側の意向を優先させる仕様。しかもそういうアプリは必ず何かを買わせる選択を表示するようになっているし。

 

ハナシは飛躍するけれども、こうした傾向は太平洋戦争前の国内雰囲気と同質の空気だ(体験してないけど、そうに決まってる)。今の日本におけるハロウィンやバレンタインは、この2019年という、政治経済風俗すべてが煮詰まってきている現代においては、出発点からして発想が間違ってる。人と人をつなぐのに外部的契機に頼ってた時代は第一次大阪万博(1970年)あたりで終焉し、いまの人は内部的な自発性でしかつながれないってことに、まだお気づきでない。というか、それはそれ、コレはコレとか思ってる。区別なんかないから、ぜんぶつながってるから。東京オリンピックだって盛り上がってるんじゃなくて、盛り上げさせられてるだけなんだからね、ホントは。

 

さてイベントは経済的要請が出発点と書いたけど、そのもっと根っこには、「チキンなハート」(コラムニスト小田嶋隆)がある。なにか仕事らしきことや発案でもしないと給料をもらうに値しないからムリヤリ企画を絞り出すとか、「汗は努力の結晶なんだ」とか「行動力こそ人生を変える」などと念じながら、歯を食いしばって無駄な努力を周囲に撒き散らすとか、そんな外部の目をバリバリ意識した、鏡の中のナルシストごっこは、もう全部止めにしませんか。仕事ってのは、粛々と作業するだけですよ。精神は介在させないもんです。いやこれマジで。

 

昨日の街でも、ハロウィーンの衣装を着せられて、パレードさせられてる幼稚園児の集団を見かけたけど、トイプードルに人間みたいな衣装を着せて連れ歩くセレブの意識が垣間見えて、ぞっとしたわ。子供という崇高な命の結晶体が、単なる集金イベントの奴隷にさせられてる。親の監視下で。

 

ここで本日のマイ格言。「慣れとは恐ろしい、慣らされるのはもっと恐ろしい。そして自覚なく慣らされるのは、怖さをも通り越して麻痺になる」

 

<了>