読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に困ったら読むブログ

みんなが「ホントの仕事」に従事すれば、日本は良くなるし、世界にもいいことあるよ、たぶん。



お化粧と対極にあるもの。

f:id:fotobiginesu:20160414093738j:plain

お化粧用品は増えるばかり。  画像引用:all.sakurasozai.com

 

 

K子との出会い

私がK子と出会ったのは、まだ雪の残る3月上旬、札幌のすすきのでのことであった。


K子は、私がごくたまに寄るカフェ兼バーでウエイトレスをやっていた。


年は30歳、身長157cm。体型はややガッチリタイプに見え、いわゆる固太りに近かった。
顔はまぁまぁ整ってはいたが、頭部はアメフトのボールのように大きかった。
完璧なメイクを追求してるようで、白塗りの土台が厚く、丸い輪郭が、さらに強調されていた。
キッチリ描いた眉に、メリハリをつけたアイライン。目元周りには、そのひとのお化粧への設計意図が表れるものだがK子の場合それは、顔の大きさを、目を拡大させることでごまかそうとする意図だった。

 

それとK子のメークには、悪い意味でのバランス感覚という特徴も見られた。
あちらとこちらの均衡を保とうとして、薄くするのではなく、厚く盛る方にいってしまうのである。
だから白塗りは行き過ぎて歌舞伎のようになってしまう。


さらにK子は勤務中はロングヘアーをタイトに縛ってるので、目元が上がって鋭角的になるのだが、これがふしだらで好色な印象を与えかねない外見になってしまうのだ。
ここまできては化粧も逆効果である。


それはせっかくのよい素材での料理を、調理でなくソースで惑わし、お門違いの高級感を添えたつもりの洋風メニューのようだった。
白人の風貌という、ないものねだりを追いかけた挙句、醜くなってしまったマイケルジャクソンのようであった。


K子は、そんな女だった。つまり、どこにでもいるひとだ。


****************************


K子はその日も普段どおり給仕をしていた。時刻は夜の9時。私のオーダーはグラスビールだった。
私のテーブルにもやってきた、そこで2人は始めて目を合わせた。
するとK子は私の顔を見るなりハッとした顔をして上背をやや引いた。私は「ああまたか」と思った。


なにが「またか」なのか。それはその時の私の顔が彼女にはイケメンに写った、ということの了解である。


断っておくがこれは自慢ではない。なぜなら、こうしたことは4年に一度、つまりオリンピック開催と同じ頻度でしか、私に訪れないからだ。「またか」と感じるのは、4年がさほど長くも感じられない私なりの時性であって、傲慢の致すところではない。

毎日のようにこういうことが起きる人を、真のイケメンというのだが、この程度のいわば「プチ・イケメン」なら今のご時世、結構いそうである。


私の顔は、それどころかまぁどちらかといえばブサメンである。口が飛び出た造作が特徴で、唇も厚い。佐藤浩市の2倍は厚い。
このせいで、顔の下部にボリュームが出てしまい、シャープには見えないモヤッとした風貌になっている。
目も悪いのでシカメっ面にもなりやすく、表情も暗い。
たとえるなら、ガリガリ君のような輪郭であるし、佐藤浩市の親父の三國連太郎みたいでもある。
芋というか、類人猿、合わせればゴリライモ。私はそんな顔なのである。そしてもちろん、あなたに「そんなことないよ」といってほしい、そんなケチな性分も持ち合わせているのだ。そこがまた醜い。


つまり私も、どこにでもいる人なのである。


ここ20年ほどで男もするようになった「化粧」とは、もともと目立たないもの(一重まぶたなど)を、まやかしの力で輝かせる補正技術だと思うが、私の口元のように、はじめから飛び出ているものを、平たく目立たせずに抑制する用法には、それはまったくといっていいほど役立たない。
頬骨の張ったサカナ顔などには男女問わず化粧は対処できない。せいぜいが、別の部分を盛り上げてそうした欠点に対抗させて打ち消す作用に見せかけるか、全体を厚く塗って欠点を覆い隠すか、しかない。

しかし男の場合、三國連太郎がそうであったように、また、佐藤浩市がそうであるように、絶対的なブ男というものはいない。バナナマンの日村も最初見たときはびっくりしたが、慣れれば愛嬌がある顔である。

男は、ゲスな性格のやつはいるが、風貌はある水準(清潔感と常識のあるファッションセンス、そして似合う髪型、できれば細身)を満たせば、異性にアピールできてしまうのである。


男は、ここらへんが女子と違う。無思想でもある程度はイケてしまうということだ。かくして私のような者でも、こうしたラッキータイミングが巡ってくるときがあるのである。


****************************


さて私にハッとして頂いた女子に対しては、私はだいたい挨拶をするようにしている。


ここでいう挨拶とは、店や本人の迷惑にならぬよう気を遣いながら、名刺を手渡すことだ。
できれば一言添える「もし、よろしければ、お近づきになれれば…」みたいなことだ。


ハッとする、させるというのは直感の神秘である。人間のあまたある能力のうちでも一二を争うような、めちゃめちゃものスゴい、宇宙の誕生レベルの認識だ。
人間(じんかん)にヴァイヴレーションが伝播する。あるひとがある人の存在にピン!とくれば、その相手にも同じピン!が、誤解も曲解もなく瞬時に伝わる。無視なぞできないほどしっかり飛来してくる。時間も空間も関係なく、である。
だれも解明できない、解明しようとする糸口すらあたえない、もしつかんだとしてもそれはまぼろしでしかない、そんな感覚。こうした体感に対しては対象化なぞハナから諦め、人として素直にしたがい、謝辞を述べるのがスジというものであろう。


とりあえず自分を規定する第一歩として世の中には名前というものがある以上、名乗る。
自分から名乗ることより大切なことは、世の中にそうそうない。
「4年に一度」がいつなんどき訪れるやもしれない。そんなときのために財布に名刺を2~3枚入れておく。
こうしたなんでもない普段の心がけが、出会いを引き寄せる具体的な手段なのだ。


****************************


こうした縁で、私はK子と付き合った。世間には「よくまぁこんなサエないのと一緒になったなぁ」というのが男女問わずいるが、なんのことはない自分もその仲間入りであり、K子の方でもそう思うときがあったかもしれない。つまり、サエないのはお互い様だったのである。最初のうちは。


だがしばらくすると私にはK子の大きい顔と太い骨格が、次第にいとおしく写ってきた。
そして次に、それがかけがえのない尊さに思えてきた。


というのも付き合い始めてすぐに気づいたことだが、K子は私と最初に目が合ったホンの0.1秒の閃き、焦点で、自分の開削に成功した、まったく優れた女だったのだ。
私との邂逅によってポン!と新規開設された自我内の回路に、まったく純粋に従った。
しかもそこにいささかも世俗的な疑いを差し挟まなかった。
世俗的な疑いとは、私と付き合うことのメリットデメリットを考えることや、一緒に並んで歩いて恥ずかしい挙動をするとかしないとか、趣味や好みが合う合わないというような話など、である。
K子はそれらを考えもしなかった。だから、デートで会ってもあまり話さず、肩を寄せ合い、手を握り腕をさすり、見つめあったりするだけだった。それでどちらも了解した。
そしてそうしたK子の態度は、私の細胞のすみずみに、あまねく影響を与えた。


ドンと存在が大きいのである。100%ピュアな肯定性の塊。
小さな自分に固執していた私を、彼女は開放してくれた。こういう女に慣れると、小顔ブームとか、華奢な女子やスタイルに固執するのは、矮小なことと知れる。しつこいようだが慣れればあの日村ですら、ファニーフェイスである。


K子はやがてメークが薄くなっていった。コスメへの依存を減らしていった。
単なる身だしなみ以上のそれは、まやかしだと気づいたのだ。
特にだらしない方ではなかったが、それでも食事や運動に、それまで以上に気を遣い、毎日しっかり生活を積み上げていくよう、意識的に自分を導いていった。


現代人はただ毎日暮らしてゆくだけで、目に見えない「不純物」が、アカのようにたまってゆく。
社会が教育が、仕事が常識が、不純だらけだから当然だ。
人はいつも意識的に「みそぎ」をしなければならない。するとみそぎなんてしなくていいんだ、そのままのあなたでいいんだと社会その他は全力で否定する。だがそれは違う。甘言に引きづられてはいけない。やつらはあなたから銭を引き出したいだけだ。
メイクはそうした「不純物」の象徴であった。それがズバッと削ぎおとされた。
すると並行してK子の慢性的な肌荒れも改善された。

こうなると輝かしい、真の女の誕生である。
人の本来的な美しさや輝き、魅力は、外から取ってきて付け足すものでない。自分の内面から湧き出させるものだ。
こんなことは実に当たり前のことだが、不純物の洪水の中にいると気づかない。
自分から「湧き出させること」が自然に出来る人は、この世にいながら永遠を手にしたも同然なのである。
そこではあなたはわたしとなる。わたしもあなただ。


理想のカップル、なるものは知らない。知らないがそれは「人それぞれ」ではない。
たぶんそれは溶け合った1つの形態しかない。愛など、しらぬ。


以上この文は、まだ見ぬあなたと、まだ顕在化してない私を想って書いた。

 

<了>