お金に困ったら読むブログ

みんなが「ホントの仕事」に従事すれば、日本は良くなるし、世界にもいいことあるよ、たぶん。



日本語が乱れてるんじゃない。乱れてるのは人の方だ。

言葉には2種類ある。

 

自分(正しくは、内なる別の自分)に向かって発するひとりごとと、外に向かって発する外郭のある言葉だ。言葉の効能で言えば前者は内向、自省の契機であり、後者は対外的、公的な言葉である。

 

この2種類の言葉は、同じみかけをまとっている。効能、または使う方向が逆(「わたし→あなた」 or 「わたし→(内なる別の)わたし」)なだけだ。だからなのかここ最近は、この2種類の言葉の種別を区分せず、混合したり乱用することが多い。

 

いやなに、むずかしい話ではない。例を挙げよう。

 

たとえば「…っていうか」という言い回しがそうである。

 

会話の中に、この「…っていうか」という言葉がひんぱんに出てくるようになったのは、ここ30年くらいの事であったと思うが、この「…っていうか」は本来は、自分へのツッコミとして自分の中で処理するタイプの言葉であった。

 

ツッコミとは、要は反省の契機である。ぼくらは「…っていうか」を自らに切り出すことによって、大げさに言えば違う意見への検討、より適切なものへの指向性、異なるものの模索に対して、素直なへりくだり意識を確認する。

 

このように、もともと「っていうか」は、自分の中だけにしまっておくべき、内向的でつつましい表現であった。

 

しかし今の使われ方は違う。「というか」のほとんどが、相手の発言への対応として発せられている。何か言ったあと、相手から最初のリアクションが「…っていうか」ときて、頭ごなしの否定のように聞こえてカチンときた人は多いのではないか。

 

これでは言葉の効果はまるで逆になる。相手の発言にかぶせてもの申す場合、自分の言葉は、自分の責任において発言するのが、いさぎよく、また礼儀にもかなっていて当然の態度だからだ。

 

しかしここでキレてしまわないで立ちどまり、相手に向けた「というか」をとくと眺めると、この言葉は主語を固定していないのが分かる。ふわついてる天の声である。したがって言う方の責任を引き受けないでウヤムヤにできる。言いっぱなしのかくれみのにできる。相手に言葉を感想を一方的になすりつけておいて、なおかつ自らのケツを拭かない卑怯な話法をカンタンに構築できる、そんな魔法のような言葉である。

 

その他には「ついでに…」もそう。本来は自分の思考や行動範囲でのみ使うべきこの言葉を、そうせずに他者に対して発したとたん、相手をまるで見ていない、他者不在の不遜極まりない表現にスリ替わる。すると、エラそうに指図するニュアンスがそこに醸し出されるのだ。こういう言葉を安直に使うその心理から、権力は芽生えるのだと言ってもいい。

 

「っていうかどうせこっちに来るならついでにアレ持ってきてよ…」って、おのれは大名か。

 

メンドくさいもそうだ。内面に対してのみつかうべきこの言葉の、外部に放たれた時の暴力は大きい。ここ10年くらいは「お前、メンドくさいんだよッ!」的な言い回しも多いが、言われた方にしてみれば、全否定であって、これほど衝撃的な言葉はない。しかし言い放った方は大した了見もなく、存外涼しい顔である。これもドロんと発言主を消す「魔法」の話法である。

 

このように、(僕の考えにおける)本来は自分に向かうタイプの言葉をよぉく考えてみると、それらの特徴はまず基本的に主語を要求しないってこと。なぜなら発言主は自分ひとりに決まってるからだ。そして、より肝要なのは、それらの言葉は実ははじめから負荷や毒を含んでいるってことだ。それは自分を鍛えるために、言語野にあらかじめしつらえられた、ムキ身の、ヒリヒリするようなニュアンスである。自身の成長に欠かせないマイナス葛藤、ネガティヴ栄養は、こうした内向きの言葉の中にわずかながら含まれている。

 

上の例でいうと、「っていうか」は自分の意見への自分内反証、「ついでに」は能率への意欲、「めんどくさい」に関しては気分の表明であるが、自分への現状批判を少しだけ含んでいる…という感じである。

 

このように意識して、いづれの成句も独り言にとどめ、自分の内なる飛躍のためだけに使うべきである。少なくとも上に掲げた3つの用法は、今日からでも、自分の外に出さない、人に対して言いそうになってもグッと飲み込んでおきなさい。これだけでも人間関係が円満になること請け合いであり、また良薬は口に苦いものであります。

 

自分に向かって発する言葉と、外に向かって発する言葉。この2つは分けて使用すべきである。それには訓練がいる。公的なスピーチや、みんなの前で朝礼や発表をするのとはまた違う、それは微細なレベルでの分別であり、特に教科書にも載っていない。文法に正誤はあるが、用法にその厳格さはないのである。

 

しかし、だからこそこの分別訓練は大切だと思う。いままでそれと意識されてこなかったことにこそ、本質が潜んでるのが世の常だからである。同じ日本語でも肝心な使う際のベクトルが反対だってことを感取できる・意識できる・じっさいに使えるのが、本当の賢さであろう。

 

筆者は日本語研究家でも文法家でも何でもないが、言葉への取り組みはこうして効能面からとらえるのが正しいと信じている。日本語が乱れてる、とはよく言われるが、乱れてるのは言葉ではなく人心の方である。言葉は「乱れ」の様相を照らし出していくだけだ。

 

いま、職場などで人間関係に悩む人が多い。それも取るに足らない言葉のやりとりから関係がこじれることが、その原因の大多数を占める。うつ病や自殺、キレた挙句の衝動的な犯罪も多くなっている。被害者意識の肥大と自意識の過剰が多くなりすぎて氾濫し、社会のいろんなところで動脈硬化を発症させているかのようだ。自分に向かって発する言葉と、外に向かって発する言葉の混同・乱用は、その弊害の一番底の部分に渦巻いている。そう思えてならない。

 

2種類の言葉の一覧表でもつくろうかな。用法も添えて。お国のためになりそうだ笑

 

<了>

 

関連記事

www.moneytalks.jp

選挙を「戦う」という発想が、死を招く。

戦うって言葉を、今回の選挙候補者がさかんにワメいてるが、いったいどういうつもりなのだろうか。選挙は争いではなく、テストのような評価の場である。対立候補やおのれの支持地盤しか見えてないと敵味方・勝ち負けの発想になるが、その背後には評価主体となる、支持層でもなんでもない国民がいるのを忘れないでもらいたい。

 

選挙は候補者に対する評価結果が(本当に公正なものかどうかは別として)たまたま得票数で出るから、終わってみれば競争のように見えるだけのものである。戦う相手がもしいるとすれば、それは自分自身だろう。

 

(政治家だって普通の人だから、本当は「評価」って言葉を当てはめるのもしっくりこないのだが、ほかに適切な表現が思い浮かばないので、使う。選挙自体が乱暴な制度だから、どうしてもこうなってしまう)

 

有権者は政党に対しては、いままでの実績に対して票を投じ、候補者に対しては未来の志向性に「賭け」て投票する。それだけであって、彼我の違いを際立たせたガナリ合いなど選挙の本筋ではない。また、選挙のあとには政治の本番がくるわけだが、政治の王道とは「違い」の希薄化であろう。いろんな社会的差異をなくしていくのがまつりごとの大きな役割の一つであって、それは「勝者」にできることではない。いわゆる政治問題の根源は、全部コレである。

 

確かに選挙は、「枠がひとつしかない椅子取りゲーム」である。得票数というカタチで勝敗はある。けれどもそれはまた、評価優劣の差でしかない。ゲームや合戦に勝ち負けはあるが、政治にも人間にも勝ち負けはない。その基本の考えを念頭に置いたとき、選挙を戦うとのたまう人は不遜にすら映る。

 

戦うって叫ぶのは、競争を前に自分に気合を入れてるだけって意見もあるだろう。気合はたしかに大切だ。だけど気合いは内向きの態度でもあるから、戦うなんて言葉で外部に出されては、外野はしらけるばかりである。他人に見せるために行われる、リキんでガンバる姿というパフォーマンスは、かなり世にはびこっていて、それは滑稽でバカらしいものだ。

 

だから制度としての選挙には期待しない方がいい。候補者は淡々と、粛々と、声も大して張り上げないで、マニュフェストもサイトで読んでくださいぐらいの淡白さで、自分を評価してねと皆の衆に開示する。選挙など、その程度でいいではないか。勝っても負けても単なるスタート地点に過ぎないではないか。たとえ「負けて」も、そこから地道にやっていくことが、その候補者にしてみたら本番とも言えるんじゃないかな。

 

選挙ごときで「戦う」なんて言葉をカンタンに言い放つ候補者を当選させると、戦争に一歩近づくことになるよ。

 

<了>

女子会なるものの怪。略して女子怪。

美女というのは、いつの世も数少ない。モデル級の女が掃いて捨てるほどいる国など、東欧にはあるらしいが、日本では容姿がイマひとつな女性が多い。まぁ昔はもっとイモかったりみっともない顔が多かったので、その頃にくらべたら現代は洗練されてはきている。しかしそれでもメイクなどは、素の輝きを封じ込める、ツラ汚しのようなものばっかりなのである。非の打ちどころのない美人など、昔も今も、めったに見かけない。

 

それではそうした数少ない、恵まれた風貌の女性はもれなく結婚でき、幸せをつかんでるかというと、ご存じの通りそうでもない。むしろサエない女性の方に意外と伴侶がいる。そして満ち足りている。それどころか、こんなヒドイのによくダンナが付いてるな…と思うような不可解な現象にも、しばしば出くわす。昔からそのように、男女は禍福平等、機会均等になっている。むろん例外を省いた話であるが。

 

人類の繁殖的にとらえれば、これは当たり前である。容姿の整った人だけがサヴァイヴできるなら、人類はとっくに終わってる。ではなぜ、サエない風貌の女性が、いままで男をつかんでこれたのか。

 

昔はお見合いが多かったから…結婚が当り前の時代だったから…などでない。そのワケは男によってのみ、女の総合力が磨かれるためである。性行為などが象徴的で、男からすればヤッてればどんな女も見慣れてきて、色香が出来てきて、可愛く輝くのである。男は吸い込まれるだけ。女のつよさは「覆うこと」ができるってことだ。

 

その手前で男と知り合えない女はどうするか?夜に飲み屋に出向けばいい。その際にダメな店は、気軽に入れる大衆居酒屋みたいな大バコや、カフェの延長みたいなおしゃれ系内装店である。向かうべき店はそうではなくて、こじんまりとした、個人経営でマスターがひとりの、カウンター付きの飲み屋である。高級店でない、スナックの居抜きみたいな場末の店が、おしゃれ感は欠けていても、こなれてていい。敷居も価格も、そんなに高くないはずだ。

 

ひとりで行くに限る。週末の22時くらいに行き、カウンターにいるマスターと壁パスしながら、隣の人と語らうのだ。マスターなら話に付き合ってくれる。客だから。この壁パス・トークができるのが、小さい店における最大の利点だ。

 

酒が飲めない人はウーロン茶でいい。茶を置いてない飲み屋などない。また、飲み屋街が近くに無い人は、近隣の都市に、宿泊してでも出向くべきだ。

 

話す内容はなにがいいのかを、ここで云々する必要はないだろう。そういう小さな飲み屋のドアを、ひとりで開ける気概のある人なら。

 

3~5回ほどそうやってソロ活動すれば男をつかめるだろう。世の中のすべては夜闇が育てる。恋愛もそうである。そのためには自分から売っていく/打っていく/撃っていくことだ。

 

独身同士の女子会など、男をつかめぬ敗残どもの集いである。傷口をナメあい、見栄を競い、表面的なカワイさや当り障りのない話題に溺れる。インスタグラマーやリア充女子には、片肺飛行の危なっかしさや、むなしい貧弱さを感じる。内実のない色香、痩せたフェロモン、捨てる直前のサワデーである。女子会なるものは、すべての男にとって苦々しいものだ。そのことを忘れてはならない。

 

女性の輝きは女子会にない。あっても、外(男)にアピールしなければ、それは便所の100ワットである。女子力磨きの前に人間力だろう。隣の初対面さんと快活におしゃべりできる、素直でおおらかで開放的な心持ちの方が上だろう。それでこそ、結婚後も充実していけるのではないか。

 

なんだか伊集院静みたいな語り口になったな。

 

<了>

最近の、なんとかファーストって言い方、やめにしない?

順列とか優先順位とか、すぐ言い出すヤツや、「ファースト」と位置付けられない方にこそ、目を向ける意識がないひとは、ぼくは信じない。

 

なんとかファースト(選民意識)とか、あとオールなんとか(選民意識の裏ver)って言い方もあるけど、そんな閉じたスローガンを言い出す手合いは、テメーのことしか考えてないヤツだ。

 

<了>