読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に困ったら読むブログ

みんなが「ホントの仕事」に従事すれば、日本は良くなるし、世界にもいいことあるよ、たぶん。



「今日の日はさようなら」で人生を終える。

 

死者に弔われるのは、生者だ。

 

永六輔に野坂昭如、菅原文太に愛川欽也、大橋巨泉やマイケル・チミノ(米国の映画監督)

 

著名人が逝く。

 

逝くとは、ぼくなりに言えば、人が生まれた大元の円満に還っていくことだ。だから死んだ人とお別れするのにふさわしい言葉は、明るい響きのする「今日の日はさようなら」という感じか。

 

彼らは何にもいわないけれど、大元に還ってぼくら生者を応援してくれてる。何を応援してくれるかというと、未来の世代に役立つという、現世の生者にしかできない仕事に対して応援してくれている。冒頭に挙げた故人たちも、存命中はそれぞれの分野で、たぶん先人たちの引継ぎの中で、いい仕事を成し遂げてきた。その成果をぼくらは享受してる。そう、こうやって循環しながら、代謝しながら未来は前進してなくては。今よりどんどん良くなっていなければ。

 

肉体の消滅した死者が、円満を伴ってまた別の肉体に宿るのは、未来に約束されている。ぼくの一部は必ずあなたの生まれ変わり成分であり、あなたも然りだ。実際の血縁という次元の前に、人間(じんかん)はそういう仕組みになっている。

 

ことしの初め、1歳9ヶ月の知人が急病で死んでしまったのだけれど、その子の円満な笑顔の遺影を見てたら、その子の一部がすでにぼくの中にあるって分かってしまった。30分くらいしか遊んだことのない子だったけど、「分かって」しまった。

 

生まれ変わるっていっても亡くなった個人がまんまよみがえるって意味じゃない。そうじゃなくてぼくの血液も体液も遺伝子も、人類発祥以来の歴史はみんなそこに詰まってるってことだ。その中に含まれた形で死者はよみがえる。いや蘇るというよりも、連綿とした死の状態は、実はないといった方が正しい。

 

輪廻転生とか、リ・インカーネーションとかいう考えに近いが、あれは生まれ変わり信仰であってそれではまだ全体性が足りない。人はもっともっと大きなメガ普遍の中に生きてるのだ。

 

8月15日も近いが、特定の日に靖国みたいな小さな規範に向かって頭を垂れるだけではよくない。戦争で無為に殺し殺されたすべての魂を念頭において、今日も役立つ仕事をしよう。

 

<了>

 

スマホに白目剥いてる顔で写る人、その目やめてほしい。

f:id:fotobiginesu:20160720153326j:plain

*「死霊のはわらた」(サム・ライミ監督1981年)より。ホラーと笑いをミックスした作風は、時代の最先端だった。

 

スマホで白目剥いてる画像に写る人、その目やめてほしい。

 

白目になって画像に写る人、SNSで時々見かけますよね。あれ困ってるんです。

 

話題自体は楽しいものだったりするので、白目ごときで難クセ付けたり目くじら立てても仕方なく、違和感はスルーしますけど、本心ではちょっと気味が悪い。

 

リア充の逆アピールなのか、何かのおまじないなのか、はたまた流行かなんだか知りませんが、とにかくあの白目、気味悪くて。

 

そういう人はえてして、ほとんど全画像でそんなふうな顔で写ってなさる。白目の常態化。どうもご本人、得意気ですらあります。芸かなにかと勘違いなすってるのではないでしょうか?こうなってくると、それってなんなのですか?と思ってしまう。

 

写るのがハズいなら恥ずかしいなりの表情でうつむくとか、照れ隠しならもっとモジモジしたりとか、もっと写りようがあるでしょう。そんなに自分をさらけだしたくないのでしょうか?白目剥いてすっトボケてるのがクールなのでしょうか?撮影者に向かってまじめに取り組まない姿勢が、カッコいいのでしょうか?

 

そういうハスに構えた気分や、おちゃらけたい気になる時もあるのは分かるんで、1~2枚の白目なら許容もできますが、撮る写真、写る画像、全部白目でなくてもいいんじゃない?

 

そういう人の中には毎日のように自撮りアップする人もいるから、その人のTLは白目のオンパレードになっちゃってて。悪いけど見る気なくすんだよね。たかが白目なのにここまで攻撃するのも気が引けますが、せっかくだからこの記事では少しキツめに。少しだけ大事なポイントを含むと思うから。

 

大事なポイントとは、こういうのは男にしかない姿勢だって点にあります。あの白目は、旧来的な男らしさ要素の、表情における今世紀最後の砦、というか前世紀の残骸なんではないかという思いです。

 

******************************************************

 

えーここからはしばし昔話になりますが、旧来的な「男」を象徴する表情といえば、思い出すのは「しかめっ面」。戦前から30年くらい前まで、ひとりで眉をひそめて深刻ぶり、世の苦悩をひとりで背負って暗~くウンウン唸ってるのが昭和な大人の男のたしなみだったんです(忘れたなんて言わさないんだからねっ!)。石原軍団とかスポ根アニメとかマンダム化粧品とか、テレビでも映画でもCMでも、男は全員イカめしい面だったし、口調も重々しく深刻だった。みんな三船敏郎とか高倉健みたいだったんです。

 

(いまの時代はこれがEXILEみたいないっけんコワモテの露悪趣味に変貌しましたが、根は一緒ですね。男の宿痾です)

 

*漢(ヲトコ)の体現者、石原裕次郎。これこれ、この表情ね。

f:id:fotobiginesu:20160720163215j:plain

引用元:http://prcm.jp/album/6accbdb9fbc2/pic/23483144

 

昭和の当時は「ザ・商社」なんてドラマもヒットしたし、お話のスケールもナントカ一族の、時代を超えた壮大なドラマとか、その地に代々伝わるカントカにまつわるたたりとか、重厚長大なお話であればあるほど尊ばれてて、いかめしい表情のトレンドとしっかり一致してました。

 

虚構世界だけでなく現実の社会生活でも、その「大変そう」な表情ひとつで、かなりの程度までいけちゃう時代でしたね。当時子供だったけど、知ってます。

 

あの暑苦しさ、脂っぽさ、時代を支配した勿体ぶった重苦しい態度。タモリとか巨泉とか赤塚不二夫がそのすき間に軽~く入ってきて茶化しただけで、ひと財産つくれちゃうくらい巨大なムーブメント「しかめっ面」。

 

******************************************************

 

んで、あの苦悶の表情はいったいなんだったのかというと、あれは人に見てもらうための演技であったことは、いまになってみれば明白であります。誰もいないところで、あの苦虫をかみつぶしたような表情をする男は、当時とて一人もいない。要するにかわいそうだと思ってもらいたかったわけです。かわいそうに思ってもらってなぐさめてほしかったわけです。つまり外見を重々しく取り繕うことは、重苦しい「かまってちゃん」の隠れアピールであり、見た目とは反対に中身がガキであることを白状してることと同じであったわけです。だから表情だけでなく態度も自閉的で、声をかけられてもなまくらな返事しかしないとか、面倒くさそうに声を荒げるなどの口調も多かったのです。しかし「大変だね」と素直に同調してあげればそれで解消という、実に楽チンな時代でもあったのです。値段のことばかり言う顧客に対して、値引きを提示すれば落着するようなものです。

 

こうした男傾向を80年代の到来と共に、軽薄短小の旗印の元に一掃した魔法のことばが「ダサい」や「シラケ」でした。変なガンバリズムはこれらの言葉で表面的には格下化され漂白化され骨抜きにされたようでしたが、実はそうではなかった。

 

そう、しかめっ面的価値観は雑草のようにしぶとく生きながらえ、なんと今世紀に入った今でも根強くはびこっています。男の価値観と密接に結びついてるわけですから当然ですね。シリアスな雰囲気が珍重される分野なんかは特にそうで、例えば政治や復興。麻生太郎あたりはその辺の表情を引きずってる最後の世代かと筆者には思われますね。選挙のときによく聞く「不退転の決意で」とか「わが命を賭す覚悟で」などと青筋立ててガナるのは、その価値観の言葉バージョンであります。中身?あるわけありませんポーズですから。そういうのに限って当選したってどうせいいかげんなのはもう分かっております。

 

さて、というわけで冒頭に掲げたスマホ撮影で白目を剥く行為にも同様に、いびつな自己愛をほんの少し感じる次第です。画像とはいえ心を映す窓たる瞳を見せまいとするその本意。それは「仕方なく画像に写ってあげてるけど、本当は写りたくない撮られたくない。ここにいるのは幽霊。ホンマもんの自分ではないのさ。こんなボクのマインドを分かってよ」という甘えと、閲覧者を拒むでもなく受け入れるでもない、かといって自分がおちゃらけに徹するワケでもない、そんなハンパな態度。それが白い目に込められたメッセージであり、どこか敗北的で言い訳じみています。反復されるのもそのメッセージ性の強さの証であり、軟弱な形に変貌はしてますが、昭和のしかめっ面と同じ系統のものに思えます。暗に認めて欲しい心理です。

 

写るなら写るで、堂々とした態度で写真に参加するのがいいと思いますが、そうでなかったら、撮影に参加するのをやめるか、撮ってもいいけどアップロードはやめませんか。白目のシェアならキモいだけです。

 

当事者以外の目に映る被害者面は、常にこっけいでしかないのをお忘れなく。

 

<了>

 

 

記事を〆るときに決まり文句をつかうプロブロガーは、傷つきたくないので自己防衛ラインを引いてるのだ。

「ワッショイ!」とか「そんじゃーね」とかの言葉でブログを締める手合いがいる。それぞれカンタンな一言だが、込めた意図があるトレードマークのようで、ご本人は気の利いた結句のつもりだ。しかし読まされた方は軽い違和を感じる。何が違和かというと、本論で言うだけ言って一方的に勝利宣言してドヤっている、本人の思惑とは別に、そういうニュアンスがそれらの結句には、こもっているように思えるからだ。いや当人が意識していないからこそ、そこには真相が潜んでいるに違いない。

 

ま、そうはいっても「ワッショイ!」の方は、無邪気な、というか何も考えてない感じが漂うので、ブログオーナーご本人にその意味を聞いてみたら教えてもらえた。このエントリーに書いたとのこと。

 

www.miyahaya.com

要するにワッショイ!とは自分を鼓舞する魔法のようなもので、みんなもアガろうよワクワクしようよ!ということらしい。これはまぁこんな程度だろうとは思っていた。

 

しかし「そんじゃーね」の方はそれより数段イヤラシイのであまり看過したくない。「そんじゃーね」に込めた意味は、著者がなんとかいう自書の中で説明してる。それによれば要は自分の記名性を刻印するために編み出したものらしい。これのおかげで複数の文が、個別に読まれても自分を認識してもらえるのだ、と。けだし、これはマーキングである。記号の意味合いだ。

 

しかし、そんなカンタンなもので自分を人様に認識させる、もしくはそう誘導できると考えるおめでたさは、根元から間違ってる。もし自分を認めてほしいなら記事本文に滲み出る本人性や、文章の肉体性で、じっくり牛歩戦術で勝負していくべきである。「そんじゃーね」などなくても「ああ、あの人の文だなぁ」という方向が正しいのだ。逆に「そんじゃーね」など自分を限定する檻でしかない。

 

アイコンとかヴィジュアルとか、ネット時代ならではのうまいやり口はあるかもしれないが、王道がコンテンツの中身であるのは、何百年もかわらない。そして実は中身すら、ブログの目的であるコミュニケーションにとっては、手段にすぎないものだ。

 

ちきりんの文は傍観解説者の余裕が毎回鼻につくが(ちきりんというネームは、著者本人の弁では別人格キャラなんだと。便利な世の中になったものだ)、着眼点が参考になったり、中身が感じられるものもある。だからぼくは彼女の著作を新刊で買ったこともあった。したがってその中身のある記事だけで勝負してたら良かったのに「そんじゃーね」の蛇足が毎回もれなく付いてきて、ぶちこわしてくれている。

 

ちきりんが言う「ロジック」もこれに似た香りがする事がしばしばあります。
まず、土俵を決めてしまう。そしてその中でいきなり猫だましをします。そして突っ張り、張り手、うっちゃり、手を変え品を変え読み手をコントロールします。

 引用元:2013、4、5 研究者・勝負師・芸術家 : ちきりんブログ撃墜するまでやめません

 

上のリンク先で指摘されてるように、まずは自分の土俵を設定し、聞かれてもいないのに縄張りを主張して、批判はノイズとしてハナからシャットアウトするという行為。これがちきりんの、ここ10年ほどで徐々に見えてきた外部への態度である。もうこれはブログウォッチャーには知れ渡ったことであるらしいので、最近は話題にもならない。

 

ブログなんだから自説を披露するのは当たり前、ではない。目的はさっきも書いたようにコミュニケーションである。ブログを起点とした読み読まれる相互作用の中にこそ、そのホンモノの意味が存在するのであって、文章や自説は、そのための「みんなの素材」である。

 

ところが「そんじゃーね」といういっけんPOPなマーキングの裏には、漆黒の闇のように断固とした排他がある。ふむふむなるほどと読んでいるうちに読者の心に徐々に熟成される、ちきりんに対する心理的連続性を、最後にスパッと一方的に切られてしまう断絶感がある。しかもそうしておきながら、「また読んでね」という未練がましい甘えの視線が見て取れる。これはまだ動いてるパソコンへの強制終了であり、コンセントの引っこ抜きである。これが冒頭に書いた違和感の正体だ。書き手のプライドばかり透けて見え、かつ読者のことは意図的に想定外という、みっともない行為の表れた結句といわざるを得ない。

 

Twitterなどを見てると負けず嫌いの性格であろうことがうかがえるちきりん。「そんじゃーね」という勝ち逃げみたいな一方的離脱の裏に、ぼくはちきりんのかすかな自己防衛を見る。彼女はいったい何を恐れているのか。負けることか?だいたい本当の自分を「ちきりん」キャラで隠して定位させまいとしてるのだから、「本当の」対話は始まりもしないワケで、だったら勝ち負けもなく自己防衛する必要もない。ロジカルに、自分の頭で考えたらそうならないか?

 

半端なプライドで自分の手ばかり考えてる将棋は、秒速で詰むものだ。同じマーキングなら犬のマーキングの方がよっぽど意味がある。

 

文章の組み立てとしても、結句だけ定型にしているのはよくない気がする。締めの文句をあらかじめ用意していることは、予定調和への落着を意味する。文意も結論もそこに向かって誘導されてしまうのではないか。たとえばまとまりのつかない文があってもそれを発表してしまうとか、破綻をさらけ出すことに意味があるような場合もあるが、それに「そんじゃーね」は合わない気がする。「そんじゃーね」は平易な言葉でそれ自体に意味はない。しかしだからこそ白痴的フィールドへの逃げの姿勢が感じられるのである。ちきりんはロジカル思考(笑)の人らしいので、このへんの文系思考は分かんないだろうなー。

 

文の落としどころを考えて書いていくことは必要だが、それは本文の躍動、句読点や修辞のリズムやノリ、文脈の持つ自発的な論旨の変化やふくらみ、といった多様性をスポイルするものであってはならない。結論部は本文の論旨の都度に、そのときどきで最も効果的と思われる言葉群を創出しながら締めていくのが、書き手としては当然ではないのか。芸人じゃないんだからキメせりふなんか持ってたって仕方ないでしょう。何のための「セルフブランディング(笑)」なのか。文章とは、読み手としっかり響きあうためのものではないのか。

 

記事の終わりはなんら意味の広がりを持たない、記号そのものにおとしめておくべきである。記号「的」なるもので、こざかしい言い訳することなど、不要どころか害悪だ。

 

 <了>