読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に困ったら読むブログ

みんなが「ホントの仕事」に従事すれば、日本は良くなるし、世界にもいいことあるよ、たぶん。



おんりーいえすたでぃ

音楽がレコードだった時代、LP盤のミゾで音楽が「読めた」。深い溝は音が大きく、ミゾが疎遠の部分はかそけき音圧だった。曲間も分かり、曲数も、2曲で1曲などの、アルバムの構成も、針を落とす前にある程度判明したものだった。

 

LP(ロングプレイヤーの略)は片面せいぜい30分の収録時間。A面B面合わせて46~60分のユニットという形式が、音楽の再生表現に独自の世界観を呼び込んだ。半分過ぎたら手動で盤を裏返すことで聴く態度をリセットさせる、その行為の合理。ジャケットは肉厚の紙に重厚な印刷。それ自体がアート。聞いてる間はジャケットに目をやり、ミュージシャンの営為をあれこれ想像する手がかりとする。


メールもスマホもPCもなく、手紙でやりとりしていた時代は、封筒の厚さで内容まで推測できた。中味だって書き文字の筆圧や文の乱れが、時に書かれた内容以上に雄弁な場合も往々にしてあった。なにより字体は、人となりそのものであった。


本も、特に文庫は、ページの厚さで読む量が物理的に推し量れたし、また読んでる最中の進度も一目瞭然であった。紙の手触り、印刷の品質(オフセットなど)、段組みの適度なスペース感などが、読書という行為を円滑にすすめるにあたって重要なアシスト要素となる。

 

このように表現形態と、媒体の物理的関係は、存外無視できない。


いわゆる古典文学も、書いてある中味は同じだけれど、例えば半世紀以上前の、粗いワラ半紙の写植、旧かなづかい満載の戦前みたいな翻訳と、今風の新訳で電子書籍という新プラットフォームで読むのとでは、同じ本でもかなり風合いが違う。プラトンの本などをパピルスの巻き本で読んでいた時代は、読書とはいかなるスタイルだったのだろうか。

 

どれがいい悪いでは、無論ないのだけれど、興味はつきない。人とメディアのかかわり推移を見てると、人類は一歩も進歩してない気もするね。

 

<了>

 

若者発の流行語・新語が少なくなったのはなぜなのか?

若者発の流行語・新語が少なくなってない?

 

なんだか最近、ひところのような頻度で流行語を聞かなくなった。流行語や新語といえば若者であって(いまの時代は30歳くらいまでは若者のカテゴリーに入ると思う)、何年か前まではキレッキレのフレッシュなワードが、半年に一度は街で聞こえてきたような気がするが、ここのところ若者世界も、どうも低調なのだろうか。

 

や、ぼくの勘違い、理解不足は十分あるだろう。なにしろこちらは47のジジィである。オジン度が日々進行し、それに反比例するように若者との接点は減少の一途をたどっている。ぼくが知らないだけで若者言葉はいろいろ誕生してるに違いない。

 

だがそれでもバスの中の女子高生の会話や、twitterでのおしゃべり、instagramなんかを見てると「これどういう意味?」っていう符牒がずいぶん少なくなったような気がする。LINEのやり取りの中に埋没した、ぼくには見えてない、狭い仲間内で細分化した"はやり言葉"もあるんだろうとは思うが、それにしても少なくないだろうか。

 

だとしたらこの理由は、単純に若者の数が減ってるとか、みんな部屋にこもりがちだとかがあるのかもしれない。いわゆるバカッターも減ったみたいだし、流行語の減少はこの辺りの要素と全部リンクしてるのかもね。

 

振り返れば大体10年位前まではこちらが感心するようなセンスある新語が、無名の若者たちの生活感情から自然発生的に生まれてきたと記憶してる。たとえばKYだとかドヤってるとか、「ガチ」や「パネェ」といった形容詞系、「ぼっち」に「ツンデレ」など。

 

で、ここまで書いてきてなんだが、偉そうに言うと実は筆者は日本の新語に肯定的でない。ここ20年くらいのスラングは、数が少ないだけでなく発想も安易な気がするからだ。安易というのは新語といっても省略や短縮(例:おっさん→「おつかれさん」とか、UFO→「うまくフェードアウト」など。最近は「了解」→「り」など究極化が進行中)がほとんどで、クチを開くのすらおっくうな手合いのために開発されたような言葉が多い。略語にもネタ系のセンスが必要なのは認めるが、どうも言葉の成り立ちが省略一択なのは、発想が短絡的じゃないのかね。それに何となく排他的なニュアンスも。

 

ここにはいわゆる粋な感覚は感じ取れない。たとえば寿司屋でお茶をあがりといったり醤油をむらさきと呼ぶようなセンス、はたまたインチキ学生を天ぷらと言うような(衣だけの意)、意味の逆相でトンチ(笑)を競うような活性化が、感じられないのだ。

 

 

「情報化社会」という言葉も約50年前の造語だった

 

さてそれでは、(いい意味での)流行語・新語・造語というのを考えてみたい。例えに引いてみるのは今では完全に定着している「情報化社会」という言葉。これは林雄二郎という人が1969年発刊の同著ではじめて考案し、遣われはじめたものらしい(ぼくと同い年のこの本、読みたいけどまだ読めてないんだなぁ)

 

(ちなみにこの著者の林雄二郎という人、経済企画庁所属の元官僚で、柔軟な思考力で八面六臂の活躍をした人だそうである。1965年に「林レポート」と呼ばれる、社会発展の基礎コンセプトを提出し、当時の経済企画庁内に新鮮な衝撃をもたらしたあたりを皮切りに、退官後は自ら提唱する未来学の財団運営や大学教授などを長年に渡り歴任し、2011年に95歳で老衰死。まさに自分なりの普遍的価値観を追求した、ぼくなりに言えば自分の生を全うした実に偉いひとである。官僚といってもこんな人もいるのだ)

 

で、「情報化社会」という「新語」は、1969年当時それまでの社会においては少量しか見受けられず、したがって旧来的視野に立てば目に見えず潜在していた「情報のシャワー」現象を、新視点に立ちうまく顕在化させ、わかりやすくすくい取ってネーミングした、開かれた造語であった。人間社会がその歴史上初めて出会う、処理不可能なまでに膨大な外者(情報)との関係性の、重大な指摘であり要約でもあった。

 

このように新語造語とは既成の枠からのハミ出しであり、それまで誰も意識しなかった生活の局面や場面を切り取って抽象化し、言語に定着させる、そうした一連の対応能力だと思う。そのためには生活を省みたり、自分を客観視できる余裕と知力が前提にあり、しかも広告コピーなどを除いてはほとんどの場合無償。考案するのも流布するのも対価を期待していない。

 

(またまた余談になるが言葉の世界から目を転じれば、この傾向に近いのが無料アプリの世界ではないだろうか。パソコンやスマホといったハードウェアの、性能も数量も十分に成熟した基礎の上で開花する、ソフトウェア開発とかアプリ発明の感覚が、新語感覚に近似のマインドであるという気がする)

 

だがそうした「生活を省みたり、自分を客観視できる余裕と知力」が減ってきて、現代のように少ない新語すらも、既成の言葉をただ省略しただけのものばかりになるとどうなるか。つまり、思考力が低下したままだと、どうなるか。

 

若者発の新語流行語が少なくなったように思えるのは、いつもの論旨展開だがこれはいよいよ人格の空洞化が進んできた証拠ではないだろうか。すでにある言葉の意味を吟味しないでただ飲み込むだけ。対応法は省略だけで外部に対しても閉じている。しかもその傾向は言葉の問題だけでない。例えばポケモンGOなんて、まさにアプリやゲームへの奴隷化現象である。今後AIとかVRが高度化すればするほど、人は既製のものへ知らず知らずのうちに「従順に」なっていくのは決定的である。

 

空気を読むのは、人間関係においてだけでない。あらたな言葉を「空気を読む」ことから作り出したっていい。言葉は人にしか持てない伝達手段だ。自分でさえ、言葉以外では定位できないではないか。

なおぼくの造語提案は、以前この↓記事に書いた「存在様(ざま)」である。

 

www.moneytalks.jp

<了>

 

卓球女子団体にハマッてしまったよ

卓球女子団体で銅メダルになったチーム3人娘が話題だ。その中で最年少でありながらコメント力も貫禄もスバ抜けたものを持つ伊藤美誠(15)が語った言葉で印象的だったのは、「みんなでつかんだメダルということで、シングルスよりももっともっとうれしいメダルだったと思います。」という発言であった。

 

この子は「先輩たちを手ぶらで帰すわけにはいかない」や「(メダルを)獲る獲らないでは大違い」という昭和時代の男もまっ青の野太い発言を、ニュアンスを交えながらもたびたびしていて、そのつど15歳にあるまじき"大物感"に感心していたが、それらの名言(?)に引き続き、またもや恐るべき洞察力が出た言葉が「みんなでつかんだメダル」コメントだ。

 

そう、みんなで達成すると、人数分の数倍は大きな歓喜となって還ってくる。分野はぜんぜん違うが、バイオリニストの高嶋ちさ子が、音楽番組で葉加瀬太郎とか五嶋龍とバイオリン共演をして、「ひとりで演奏するより何倍も楽しい。もうソロできない」みたいなことをいっていたのを思い出す。

 

集団の中の人は、この境地に至るのがカギなんだろうと思う。なれあいとか、責任転嫁とか、個性を集団の中に埋没させるとかでなく、一人ひとりがしっかりと引き立った人格と力量を持ち、個別に輝きながら、自分の仕事や分担、役割を出し惜しみなく着実にこなしていく。そしてその結果を持ち帰ってみんなで引き継いでいき、吟味して共有して自分の肥やしにもして、ひいてはチームの中で(規模は小さくても)普遍化していく。

 

規模は小さくても、と書いたが集団の頭数は関係ないな。たとえ2名であっても、その2名の間で普遍化できないような仕事や成果は、まだまだなんだ。

 

この「みんなでつかんだ」うれしさの本質は、メダルや表彰台、世界ランキング順位なんかといった外部の話じゃないよね。ひとりでは到達できない領域に、全員ではじめて登れた充実。お互いが硬く響き合ってみんなでひとつになれた感激だ。業界主導の成立にせよ、卓球に団体というカテゴリーがあってよかったね。

 

自分の命はまず何といっても、はじめからしまいまでみんなの共有物だ。エゴや自我なんかはるか手前で見切りを付けて、魂の根底から生命真理の端っこに触れられた人は、例外なくみずみずしい顔をしてる。スポーツの団体戦はそれがいちばんよく可視化できる現場だ。だからみんな観戦に熱中する。ボルトみたいにひと握りの傑出したスタープレーヤーの活躍を見るのも悪くはないが、競技観戦の醍醐味はなんといっても団体戦である。あえていうとぼくらと大して違わない市井の人が、一皮もふた皮も剥けるその過程のことだ。

 

オリンピック。始まる前は例によって「フンなんだこんなもの」と思っていたが、あの卓球女子団体にはさすがに少しばかりハマってしまった。息詰まるような、見てる方にも集中力を相当要求する長試合。チームの全体経緯も波乱万丈で、ドラマとしても流れや勢いといった起伏がある。

 

福原、石川、伊藤。みんな容姿も普通、体格も小柄で、一見どこにでもいそうな若い女性だが、そんな普通の彼女らが織り成す、三姉妹のようなチームバランス。そして美しき団結力、お互いの尊重の上に存立した鋭い集中力(アタシが足を引っ張るわけにはいかない!)。めったに見られるものではないからこれにはすっかり惹き付けられてしまった。ほかの国のチームもそれぞれにまた美しく、負けた方にも苦味という、にじみ出る深い味わいがある。ここでスポーツ門外漢ながら思うのは、こういうのは野球もそうだけど、強い選手をただ単に集めただけっていうドリームチーム的足し算とは違うのだねってことだ。

 

福原愛さんくらい競技生活が長い選手だと、こういう境地は違うメンバー間でなんども到達してるんだろう。だけどそれぞれ毎回が、違った手ごたえ、かけがえのない充足なんだろうと思う。仲間がライバルになり、また集ったりして、個人プロの厳しい世界も垣間見せつつ。

 

そしてそんなふうに事後に個人同士で対戦したときの光景も、どちらが勝っても負けても何かを残す、しっかりと実のあるものになるんだろうね。

 

銅メダルは結果にすぎないが、今回いいもの見せてもらいました。

 

さてと感激に酔うのはこのくらいにして、ぼくは自分の仕事現場に戻ろう。

 

<了>