読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に困ったら読むブログ

みんなが「ホントの仕事」に従事すれば、日本は良くなるし、世界にもいいことあるよ、たぶん。



足下に潜む闇。

去る11月8日に起きた福岡の博多駅前道路陥落事故は、発生から約1か月が経過した現時点で、もうとっくに収束している、もはや忘れかけの旧聞である。それどころか発生から1週間で地は埋め戻され、平穏はあっという間に戻ってきた。

 

まるで何ごともなかったかのように。

 

道路陥没の直後における後処理は72時間程度で一応の収束を見せたという。また、崩落が始まった際の初期対応の迅速さ、臨機応変さ、そして復旧のスムーズさは、日本の機能社会の、ある面での美談である、という。

 

しかしそんなものはいつものように、この社会の後処理における手際の良さの話でしかない。日本は、後始末の段取りが小ざかしいまでにウマい国No1だ。この70数年がその「巧さ」の歴史である。

 

そんな後始末よりはるかに問題なのは、人が踏みしめてるつもりの大地が、実は「大地」などではない、という戦慄の方だ。

都会の地面は砂上の楼閣の上に立ったアスファルトでしかなく、地下には大きな空洞とすべてを削る地下水脈を抱えていて、いつまた窪むとも知れぬものであるという、このそこはかとない不安。

都市とは現代社会とは、いつ崩落するかもしれない脆弱な基盤の上に立つ砂上の楼閣であって、地下鉄など正気の沙汰ではないインフラである。そのほかに地震だってあるのだから。

ジャマなものは埋めちまえ、という人為的短絡が真に意味し、環境が人にしっぺ返しするこのサイクルは何なのか。それがあの事象の「本質」。それは、いくらボーリング調査しようと、土木の最先端技術を集結しようと、原因究明などできない真因。

 

その本質の噛み締めすら与えないほどスピーディーな、かの地の「復旧」に、いい知れぬ痛痒を感じる。空白は足下にいつもあり、崩落して人を飲み込むその闇は、いつも手ぐすね引いて人の、車の、インフラの転落を待つ。その崩落を準備するのもまた、人である。地下開発計画自体は緻密なものだろう。だが電力が、地下鉄が、ケーブル類が、トータル性をわきにどけて我が物顔に地下を掘って大地を蹂躙することへの、根本からの反省はない。

 

あの博多の大規模崩落現場付近は、固い地盤なんだそうだ。でもそんな地質学上の定説をあざ笑うかのように、崩落個所は実に醜悪な断面を見せつけていた。ビルの基礎の杭がかくも醜いとは知らなんだ。歯医者でよく見かける、歯周病で歯の根元がやせ細り、指で歯を押しただけでグラついてしまうような腐った根元の写真を、あの福岡の現場は想起させた。その他は漆黒の暗黒。汚水が噴出し、信号機や電信柱をいとも簡単に飲み込んでしまう闇。

 

かくも無残にして醜い道路の断面を、不便なままムキ出しに晒していたほうが、人の意識改革に、かえってよくはなかったか。

 

ひるがえって、東京。少し前のニュースによれば、都下は、知事が電柱の地下化を推進するのだという。たしかに無秩序に延長交錯された電線は醜かろう。地下化するのも、よくは知らないがイマドキの技術なら、多少はスマートに推進できるだろう。

 

だが利便性の急速な発展に伴って発露してきた電線・電柱のような「醜さ」を、別の合理性で糊塗することは、別種の闇を生み出す。そしてそれは人に「復讐」する。その東京の場合のその「復讐」は、福岡のケースとは違ってスケールが大きい分、人命をたやすく奪うだろう。

 

有事の際に首都圏ではよく帰宅困難問題などが取りざたされるが、帰還できる住居が残存してることが前提の災害対策など、牧歌である。一瞬ですべてを、根こそぎ喪失して跡形も残らない、その真の意味を、3.11で噛み締めてこなかったのか。博多駅前も南三陸町も、東京の明日の姿だ。

 

「男は家を出たら七人の敵がいる」なんて時代ではない。今は「外に出れば百の復讐が待ち構えている」だ。おお怖い。引きこもってる方がどれだけマシか。

自宅が崩落地盤の直上にあるかもしれないこの私もまた、牧歌を謳歌してるおろかな民であろう。

 

<了>

 

 

思い出のメディアはいたるところに。

f:id:fotobiginesu:20150713100933j:plain

*焼きメシひとつに味という記憶が宿る。

 

人は日常のデザインを無意識のうちに記憶している。たとえば食器のデザイン。潜在記憶にこびりつくように、食器はふとしたときにいろんなことを思い出させる。

 

僕は離婚を1度経験している者である。離婚とは、ある関係性の終わりであって、人と別れるということは終わりの後始末をしなければならない、ということでもある。

 

離婚のあと、元女房と二人で暮らしていたアパートを、ひとりで片づけた経験がある。最初は居間や寝室やそこらにあるガラクタを、事務的に片づけた。大型家電やソファーなどのかさばるものをリサイクルショップに運んだり、掃除したりしてるうちに、淡々と時が過ぎた。しかしある段階から徐々に、その片づけが心理的にヘヴィーになっていった。それは後始末がキッチン周りに及んでいって以降、急激に「重く」なっていったのだった。

 

そう、別れの後始末でいちばんコタエるのは僕の場合、思い出の写真やら何かの記念品などではなくて、なんといっても食器類だった。全部捨てるつもりだったから余計にしんどかった。

 

毎日必ず使っていたあの多目的に使える平皿、なんでも放り込んで煮た土鍋、調理に失敗しながらも、らーめんにも親子丼にも使いまわしたどんぶり、友人を招いてイタリア料理でホームパーティーしたときに重宝した大皿、お気に入りの箸、丸みが手になじんだスプーンといった、実にささいな、なんでもない日用品としての食器とケジメをつけるということ。食器は単なるモノを越え、食事という「コト」と結び付いた思い出メディアだと知れた。

 

自治体の決まりで陶器やガラスは分別し、処理場まで自分で運んで捨てなければならない。この分類が、さっき書いたようにじつに参る作業だった。お茶碗ひとつ手にとってはタメ息をつき、グラスを手にしてはタメ息をつく。自分の記憶も分別して捨て去るのを強要するかのようなこの分類作業は、まったく予想外に時間がかかった。

 

怒涛のようにため息が出た。泣きはしなかったが哭いた。

 

トドメに、キッチンの奥から干からびた昆布が出てきたとき、ダシの取り方で元嫁とやりあった記憶がよみがえり、作業なんかやめて酒をガブ飲みして寝てしまった。こんな夜もあるのだ。

 

食器類は翌日全部捨てた。2012年11月のことだ。

 

あれから4年経ったがまだ独り。依然として片づけは終わってないってことだ。今夜も酒をヤるしかないだろう。

 

<了>

 

なんとか堂という名の組織は、自社のスタンスを自己点検する時期でないの?~「堂」的なものからの離脱。

老舗のお店や会社のネーミングに「なんとか堂」ってのがあるじゃないですか。あのいかにも古風な響きのやつ。有名なところだと本屋のジュンク堂なんかがそうで、花札をつくってた時代の任天堂もそう。時代の先端イメージがある広告代理店「博報堂」も、「堂」の世界の住人。

 

「堂」、どーですか?みなさん。どーにもこーにも今じゃ、堂々たる古くささが感じられるなぁ。古色蒼然としたネーミングセンスとして響いちゃうなぁ。

 

堂はお寺の本堂のような「中心」が語源だろうと思うし、漢字のデザインとしても左右対称、垂直方向にも安定感がある。手で書いててもすっきり円満に描ける漢字の一つであるし、「堂」に象徴される世界観がしっかりした内実意味を持つ時代も長かったろう。

 

だが現代はすっかり分散と可変と細分化のアメーバ分裂社会である。「堂」の意味もその中で、変わったり薄まったりしてしかるべきだ。

 

組織のネーミング付けをするにあたって「堂」が流行った大昔は、身の回りのほとんどなにもかもが黎明期であった時代であり、崇高な経営理念があって、社会的使命に燃え、一点に向かって邁進するだけでよかっただろうと推測する。

 

しかし結局は利潤追求であり、金回りの調子がよくなると我が世の春とばかりに「堂」に含まれるエラそうサイドがいわゆる「中の人」を錯覚せしめ、ヤラしさが増長され始めた。

 

本来は風格と本格の王道を示すいにしえ表現だった「堂」も、さっき書いたようにすべてがライトな相対化の波にさらされ、あらゆるものがインスタントで分かりやすいものだけに集約される現代にあっては、主観で恐縮だが「堂」の本来有する骨太で確固たる本家本元というメッセージ性はすっかり風化し、ただエラそうにふんぞり返った悪しき権力志向が、形骸的に盲目的に受け継がれてるだけの土壌が感じられる。さすがに2016年ともなれば、どの「堂」会社も権力のニオイは薄まってるんだけど、やっぱりプライドとか自負とか社風に、エラそうな「成分」は残ってる。

 

上から目線で下々の庶民を啓蒙するという、迷惑千万なご大儀が、堂の背後に控えてる思想である(だから出版社などに「堂」の付くのが多い)。自分こそが規範、規格であり、自分を中心として世間は廻るべきだという力点が、そこには感じられる。

つまり、旧来的前近代的な価値観の「引きずり」に無知覚な感性が、「堂」の世界観が跋扈することを未だに許してるのではありますまいか?

 

しつこいようだが「堂」が重鎮、中央集権、参照元、規範元の象徴だった時代は終わりを告げて久しい。かつては偉大とされていたものが、いまはお荷物。万物は流転するし、誰だってしくじりつづける。人はむしろポシャってからが勝負だ。だから組織だって可変態でいいのだ。

 

天皇は敗戦後に人間宣言をし、国鉄は30年ほど前JRに変貌し、郵便貯金がゆうちょ銀行になった。権威は地に降ろされ、一握の砂となって民間に戻り、庶民とほぼ同じ地平で世界を支えるのである。

 

そういえば「党」ってのも「堂」に似てる言葉だなぁ。音だけでなく、煮ても焼いても食えないような古めかしさも含めて。なんにせよ組織も人も、所属してるだけで安泰OKなものなんてない。自分自身の価値ある失敗体験を、遠のかせてるだけだ。

 

 <了>

 

「病は気から」は本当か。

f:id:fotobiginesu:20161103105149j:plain

Designed by Freepik

 

脳を研究すると病気は減るのか

 

脳を科学する、ブレインストーミング、脳をだます、脳を操作するなどが、最近よく言われてるようだが、まったく分からない考えだ。脳はあなたにとってもわたしにとっても外様(とざま)ではない。脳細胞の活性化や刺激などというアプローチで、外部から画策するものでない。脳ははじめからしまいまで、自らのみずみずしさで自らを殺し、しかるのちに正当に再生復活してる。はつらつと輝き続けて澄み切って、わたしを生かしてくれる、そんな同志だ。

 

脳も臓器も筋肉も骨格も、あなたにとってかけがえのない「仲間」である。ともに寄り添いながら、いたわり合いながら、支え合いながら日々全身で船体「自分丸」を漕いで前進させていく、自前で代謝しつつ更新していく、そんな神のような力で自律運動しつづけてくれる大事なクルーである。代替がなく、それぞれの役割は全力で追求しなければならないという、のっぴきならない摂理だ。どれかひとつだけでは生存は維持できないし、また単体で維持し得ることがもしあっても、今度はそれでは意味がない。だから結構深刻な病気も、自力で修復してしまう。毎秒それは体内で行われてる。心臓も血液も自我も、トータル性の中で生かされている存在だ。脳も精神も内臓も違いはないし、上位も下位もない。

 

これはそのまま自分と周囲とのつながりにあてはめ、社会的に拡張していける考えになるだろう。つまり「脳を科学する」姿勢こそが、反面教師的に孤独を深める態度であるし、おそらくそれこそが、ほかならぬ脳の病気や精神病 ーすなわち脳や神経の自爆テロー の元凶である。「細胞」や「組織」という目で世界をみることは、恣意的なあてはめであり、断片の切り取りだ。それでは些末しかつかめない。問われてるのはそこから先のつながりが本体だということと、そのトータル性でもって何をつかんでいくのか?ってことだ。

 

この「つかむこと」が人生の「正念場」であり、法律や経済、政治や教育といった社会機構は、みんながそれぞれに賭けている正念場をアシストする仕組みでありさえすればいいんだ。これがホントの民主主義のコア。

 

(いま民主主義に関して世間で言われてるのは、民主主義の中にある「部分」だけ。選挙の「制度」とか、議論の「運営」、機会の「平等」に関する、表層だけの話よ。都合のいいところだけの切り取りと拡大よ。)

 

精神病やうつ病、心理学のため脳を研究したって自縄自縛になるに決まっとるがな。ホントの医療は診察でも投薬でも施術でもない。そこらへんは作業や手段で、医の本道は「正念場」の確認と進捗を、みんなでいっしょに励ます仕組み、つまり「仁術」だ。

 

病は気から、は本当のこと。正念のない肉体は糸の切れたタコ。あるじが住まなくなった廃屋は荒廃するスピードが激しくなるけど、それと同じことなのね。

 

<了>