お金に困ったら読むブログ

みんなが「ホントの仕事」に従事すれば、日本は良くなるし、世界にもいいことあるよ、たぶん。



「生きてるだけでめっけもん」

生き方も顔も何もいいとおもえないある芸人の言葉で、たったひとつ内実を感じた、しっかりした言葉がある、それは、

 

「生きてるだけでめっけもん」というやつだ。

 

そう、生きてるだけでひとはすべて尊い。と同時にみんな醜い。その点では真理は実に公平にできている。

 

世間では他人を評して一流とか三流とか平気でよく言うが、そうやってひとの属性を測ることは、すでに醜さの露呈である。それは底辺層である、精神的な。

 

お前はどうなんだお前は。

 

ひとはみな粛々淡々と生活を積み重ねることしかできない。そうしていて時たまフレッシュな認識に出会って、自分の中に新たな回路ができる。自分が切り裂かれる。その自分の中にできた瞬間の位相断層~その対象化~考察過程こそが、人が最も着目すべきポイントであり、本当の勉強・学習の起点だ。それ以上の価値は、あなたにとってこの世のどこにもない。それが生きることや人生の正体であり、また、その出会いの橋渡しをすることにしか、いわゆるメディアの存在意義はない。したがって人はみな、いつだって若い。

 

ぜんぶ当たり前のことだ。他人をとやかく言ってるヒマなどない。

 

人に助言するときだって、自分だったらこうするね、以上のことなんか僕は言えないね。子供に対してだってそうだ。自分の経験を述べると同時にそこにニュートラルな味付けしかしない。出しゃばらない。その留保が、ぼくからあなたへの礼儀の贈り物だ。

 

「批評」でなく「非評」を、「協力」でなく「参加」を。よりはっきりと、みずからすすんで自分の態度を開放していくことが、よく生きるコツ。そのあとだ「生きてるだけでめっけもん」って言えるのは。なぜなら「生き」てなければめっけもんも何もないから。

 

<了>