読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に困ったら読むブログ

みんなが「ホントの仕事」に従事すれば、日本は良くなるし、世界にもいいことあるよ、たぶん。



「病は気から」は本当か。

f:id:fotobiginesu:20161103105149j:plain

Designed by Freepik

 

脳を研究すると病気は減るのか

 

脳を科学する、ブレインストーミング、脳をだます、脳を操作するなどが、最近よく言われてるようだが、まったく分からない考えだ。脳はあなたにとってもわたしにとっても外様(とざま)ではない。脳細胞の活性化や刺激などというアプローチで、外部から画策するものでない。脳ははじめからしまいまで、自らのみずみずしさで自らを殺し、しかるのちに正当に再生復活してる。はつらつと輝き続けて澄み切って、わたしを生かしてくれる、そんな同志だ。

 

脳も臓器も筋肉も骨格も、あなたにとってかけがえのない「仲間」である。ともに寄り添いながら、いたわり合いながら、支え合いながら日々全身で船体「自分丸」を漕いで前進させていく、自前で代謝しつつ更新していく、そんな神のような力で自律運動しつづけてくれる大事なクルーである。代替がなく、それぞれの役割は全力で追求しなければならないという、のっぴきならない摂理だ。どれかひとつだけでは生存は維持できないし、また単体で維持し得ることがもしあっても、今度はそれでは意味がない。だから結構深刻な病気も、自力で修復してしまう。毎秒それは体内で行われてる。心臓も血液も自我も、トータル性の中で生かされている存在だ。脳も精神も内臓も違いはないし、上位も下位もない。

 

これはそのまま自分と周囲とのつながりにあてはめ、社会的に拡張していける考えになるだろう。つまり「脳を科学する」姿勢こそが、反面教師的に孤独を深める態度であるし、おそらくそれこそが、ほかならぬ脳の病気や精神病 ーすなわち脳や神経の自爆テロー の元凶である。「細胞」や「組織」という目で世界をみることは、恣意的なあてはめであり、断片の切り取りだ。それでは些末しかつかめない。問われてるのはそこから先のつながりが本体だということと、そのトータル性でもって何をつかんでいくのか?ってことだ。

 

この「つかむこと」が人生の「正念場」であり、法律や経済、政治や教育といった社会機構は、みんながそれぞれに賭けている正念場をアシストする仕組みでありさえすればいいんだ。これがホントの民主主義のコア。

 

(いま民主主義に関して世間で言われてるのは、民主主義の中にある「部分」だけ。選挙の「制度」とか、議論の「運営」、機会の「平等」に関する、表層だけの話よ。都合のいいところだけの切り取りと拡大よ。)

 

精神病やうつ病、心理学のため脳を研究したって自縄自縛になるに決まっとるがな。ホントの医療は診察でも投薬でも施術でもない。そこらへんは作業や手段で、医の本道は「正念場」の確認と進捗を、みんなでいっしょに励ます仕組み、つまり「仁術」だ。

 

病は気から、は本当のこと。正念のない肉体は糸の切れたタコ。あるじが住まなくなった廃屋は荒廃するスピードが激しくなるけど、それと同じことなのね。

 

<了>